マスターモードDAC基板 RBD-P5122+ Zeroのバージョンアップ

RBD-P5122+ ZERO基板をバージョンアップします。

yseki118さんやkickさんからの提案を受けてマスタークロックを取り出せるようにパターン変更します。具体的にはRaspberry Pi 3B(以下RasPi 3B)から見てGPIOコネクタの32ピン(GPIO.26)に接続します。Volumioでの確認になりますが、このピンはgpio readallコマンドで確認できるように初期状態では入力になっていますので問題ありませんが、仮に出力ポートとして使用する(している)場合を考慮して、さらにRasPi 3Bから見たGPIOコネクタの22ピン(GPIO.6)の位置(RBD-P5122+ Zero基板ではRasPi 3Bとコネクタ接続はされていない)にピンヘッダーを用意してマスタークロックを接続できるようにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. yseki118 より:

    早速の対応、ありがとうございます。
    Pi4も発表されて、ラズパイオーディオは益々面白くなってきましたね。