XMOS Stereo USB Audio Class2 ドライバーのインストールとfoobar2000の設定

XMOS の xCORE-200 シリーズマルチコアマイクロコントローラ XU208 を使ったドーターボードで DSD を再生するために Windows 10に XMOS Stereo USB Audio Class2 のドライバーをインストールします。XMOS Stereo USB Audio Class2 ドライバーのダウンロード元はここからで、最新のドライバは v4.13でしたが何となく v3.34をインストールしました。

インストールはダウンロードしたファイルを解凍してできた実行ファイル XMOS-Stereo-USB-Audio-Class2-Driver-3033_v3.34.0.exe をダブルクリックして画面に従って行えばよいです。以下そのキャプチャー画像です。

「Next >」ボタンをクリック。

[I accept the terms of the License Agreement] にチェックを入れて「Next >」をクリック。

インストール先を選択します。このままでよければ「Install」をクリック。

インストール中。

プレインストールが完了。「Next >」をクリック。

「Finish」をクリックしてセットアップが完了です。

foobar2000 の設定

次に foobar2000 の設定ですが、Xmos Stereo USB Audio Class 2.0 ドライバーをインストールする前に ASIO Support コンポーネントファイルと Super Audio CD Decoderをインストールしています。 foobar2000 の [File] → [Preferences] → [Output] → [ASIO] の ASIO drivers にXmos USB Audio 2.0 ST 3033 が確認できます。

DSD を再生するには [File] → [Preferences] → [Output] の Device で DSD:ASIO:XMOS USB Audio 2.0 ST 3033 を選択して「OK」をクリックします。

そして[File] → [Preferences] → [Tools] → [SACD] をクリックして、Output mode: を「DSD」にして「OK」をクリックします。

これで設定は完了です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする