AK4499 DACキット

AK4499 DACキットでAKMのプレミアムDAC AK4499を使ったデジタルオーディオシステムを構築します。このキットはDAC-A4499基板、LPF基板、超低ノイズレギュレータ基板、デュアルトロイダルトランス基板そしてLOBDASで構成されこれらの接続方法を詳しく説明しています。

LOBDASの開発環境

LOBDASファームウェアのコンパイル、書き込み方法です。LOBDASはBlynkに対応しているのでトークンを追加、コンパイルして書き込むことでスマホから操作できるようになります。

New Volumio+Botic

BeagleBone は Volumio の正式なサポートからは外れていますが 、Community Portings で開発された最新のBeagelBone対応Volumio 2をBBB + AK4495SEQ DAC 基板にインストールし試しています。

Raspberry PiでI2S伝送

Raspberry Piでマスタークロックを含むI2S信号を差動信号(LVDS)に変換してSTP LANケーブルで送信し、受信側でLVDSからI2S信号に戻すI2S to LVDSドライバー基板とLVDS to I2Sレシーバー基板の使い方を紹介しています。

Digital Audio System ロジック基板

AKM DAC基板と組み合わせてデジタルオーディオシステムを構築するロジック基板.CPUはESP-WROOM-32モジュールを使いDAC,CPLDそしてOLEDを制御しまた、無線通信が可能になります.DAC基板とはデジタルアイソレータで電気的に分離されます.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク