BD34301EKV DAC基板の動作を確認します

BD34301EKVが思っていたよりも早く入手できましたので、設計してあったDAC基板に載せて動作の確認をしています。確認はLOBDASを使って、I2Sインターフェース直で行い、DACとしての基本的な動作が特に問題ないことが確認されました。

ES9038Q2M DAC基板 仕様

ES9038Q2Mを採用した高音質設計のDAC基板です.I2SでPCM384kHz/32bit、ネイティブDSDで22.4MHz、DoPで5.6Mhzまで、 SPDIF(同軸または光)ではPCM192kHz/24bitまで再生可能です.

NO IMAGE

ES9038Q2M DAC基板の設計

ES9038Q2Mを使ったDAC基板を設計します。設計するにあたって仕様の概要を決めました。ブロック図も載せていますのでどんな基板かは概ね予想ができるでしょう。Arduinoで使われるAVRマイコン(ATmega328P-PU)を使います。

Brduino(Arduino互換基板)

ブレッドボードに固定して使うAVRマイコン基板でArduino Unoと電気的な互換があります.ブレッドボードはフルサイズのものを使うように設計されていて,取り扱いがし易くなるのでプロトタイピングや教育での利用に便利です.でも,既存のシールド基板は直接接続することはできません.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク